§ 指 導 理 念

■教育理念

 「自主性」・「発想力」・「忍耐力」を有した人材の育成。


■指導目標

 当塾の目標は、どんなテストでもよいから、100点をとるということ。子供たちに、勉強してよかった。100点をとってやった!という思いをしてもらいたくて学習塾をやっています。


■100点にこだわる理由

 100点をとると子供の中に何が生まれるか?



 以上のように、たった1個の100点が子供を大きく成長させると固く信じているからなのです。上の例では、少々誇張した書き方をしておりますが、逆に100点を取れない子供が、どのように成長していくかを真剣に考えて見てください。

 @ 勉強が嫌いになり、自分から進んで勉強しない。・・・・・・・・・(自主性の欠落)

 A 勉強しないので、工夫も生まれない。・・・・・・・・・・・・・・(貧弱な発想力)

 B 考えれば分かることでも考えずに、すぐにあきらめる。・・・・・・(忍耐力の不足)

 これでは、子供の心は育ちません。体ばかりが大きくなるだけです。
 このように考えると、とにかく、出来るだけ早い時期に100点を取る喜びを子供たちに体験させることが重要になります。早い時期に、この喜びを体験できず、一度勉強嫌いになってしまうと、「嫌い」が「喜び」に変わるまで、非常に長い時間が必要となるのです。ですから、出来るだけ早い時期に100点を取る喜びを子供たちに体験させて100点中毒にすることが重要なのです。
 このように記述すると文部省や教育委員会などの方々に「詰め込み教育は良くない」と怒られそうですが、私は、詰め込み教育でもいいと思っています。なぜなら、小学校・中学校での学習とは、その内容を深く理解することが重要なのではなく、一生懸命学習したという努力の過程が重要であると考えるからです。古文や漢文、「雲は色々な形があるけど、どうやって出来るの?」とか、挙句の果てには、「645年は大化の改新、実行者は中大兄皇子・中臣鎌足でなぜ改新したの?」など、知っていても実社会では、ほとんど役に立ちません。このことは、ご父兄様が十分理解されていることと思います。それでも、子供たちは学校で習ったことを深く理解できなくても、きちんと覚えなければいけないと私は考えます。それは、きちんと覚えていなければ、テストで100点を取ることができないからです。テストで100点を取ることができなければ、「自主性・発想力・忍耐力」が子供たちの中に育たちません。
 実社会で生きていくために大切なことは、

「自分が直面した問題に対して、

自主的に、独自の発想で、あきらめず忍耐強く立ち向かい、

色々な対処ができる人間になる」

ということです。これは、当塾の基本理念にも掲げている「自主性・発想力・忍耐力を備えた人材の育成」にあたります。テストで100点を取ることで、子供たちの中に確実にこの3つの要素が育成されます。そう考えると、闇雲に学習するのではなく、学校のテストで100点を取ることを目標にして学習することが、「自主性・発想力・忍耐力」を身に付ける最も良いトレーニング法だと考えますが、皆様はいかがお考えになるでしょうか?