Aura(アウラ)
 
  
 Mao Hatakeyama Emi Harashima
 
  
 Etsuko Sato    Kaorine Kikuchi
 
 
 Noriko Hoshino

Aura (アウラ)

 クラシック・ア・カペラのAura(アウラ)は2003年結成の女声5声のグループ。オーディションで選ばれた、才能と個性のあるメンバーが約6年間でじっくりと熟成させたアンサンブルは、生き生きと躍動感にあふれ、声質が揃ったヴォイス・サウンドは本当に美しい。
 レパートリーは名曲を新たに編曲したものが中心で、難易度の高い曲もしっかりと自分たちのものにしている。また古楽曲など編曲せずに歌っている曲もある。 グループ名のAuraはラテン語で「風、空気、天、日光、明るみetc.」と多くの意味を持つ言葉である。プロデュースはクラシック・ア・カペラを開拓した岸健二郎で、長生淳、shezoo、吉野裕司という当代一流の編曲家を起用し、歌唱指導には名倉亜矢子という最高のチームがAuraをサポートしている。
 2005年に1stアルバム「アウラ」をリリースし、高く評価された。'06年に2ndアルバム「カネンス」を発売し、好セールスを記録。'08年メジャー・レコード会社のEPICレコードと契約し、2/6発売「イマージュ7」に「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」を収録。4/23にはメジャー・デビュー作となるアルバム「パストラーレ」をリリース。その充実した内容が大評判となり、ロングセラーへの道を歩み始めている。同年5/2〜4、世界各国から一流のクラシック演奏家が集まる祭典「ラ・フォル・ジュルネ」に出演し、好評を博した。またライブ・イマージュ東京公演にフロント・アクトとして参加、聴衆にインパクトを与えた。5/15東北ツアーを皮切りに、7/11東京・日本大学カザルスホール、7/19名古屋宗次ホールなど各地で大成功をおさめた。7/20にはテレビ朝日系「題名のない音楽会」に出演し、大きな反響があった。またフジテレビ系のアニメ「のだめカンタービレ巴里編」ではクリスマス曲がオン・エアーされた。
 '09年、2年連続で「ラ・フォル・ジュルネ」に出演し、大好評を博した。そして5/27にバロックと三大アヴェ・マリアで綴る4作目となるアルバム「トッカータとフーガ」をリリース。このアルバムではクラシック・ア・カペラで出来ることを追究した、新たな到達点を示している。このアルバムにはNHK「プロジェクトJAPAN」テーマ曲のア・カペラ・ヴァージョンと沢井製薬CM曲「ゴルトベルク変奏曲/J.S.バッハ」を収録。また8月〜9月日本郵船のCMで「アメイジング・グレイス」を歌っている。(CDなどには未収録)'10年1月発売のヒット・コンピレーション・アルバム「イマージュ10」に「ゴルトベルク変奏曲第1変奏」を収録。5月には3年連続で「ラ・フォル・ジュルネ」に出演、喝采を浴びた。Auraは今最も注目されるクラシック・ア・カペラ・グループである。
 
メンバー
畠山真央 国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業
原嶋絵美 国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業
佐藤悦子 玉川大学芸術学科声楽専攻卒業
菊地薫音 東京音楽大学音楽学部声楽科声楽演奏家コース卒業
       同大学研究生声楽科修了
星野典子 玉川大学芸術学科声楽専攻卒業


           BACK