Hiraide Paper CO., LTD. Web Site 紙の歴史 平出紙業株式会社 --- Hiraide Paper Digital Branch

  ●用紙寸法について ●日本工業規格紙の仕上げ寸法
  ●洋紙・板紙寸法表  ●封筒寸法表


●用紙寸法について

JIS規格による縦:横の長さの比は、A列B列ともに
右図のような1:√2=1:1.414...と決められており、
この比率は半減を繰り返しても一定です。こうした紙の
仕上げ寸法、縦:横の長さの比は、人が見て最も美的調和
感覚を得られるとされる長方形の比、いわゆる「黄金比」
に近い値になっています。(縦:横=1:1.1618...)
ちなみにA列0番の面積は1m2、 B列0番の面積は1.5m2
と規定されています。



●日本工業規格紙の仕上げ寸法

番号 A列(mm×mm) B列(mm×mm) 番号 A列(mm×mm) B列(mm×mm) 番号 A列(mm×mm) B列(mm×mm)
1,189×841 1,456×1,030 297×210 364×257 74×52 91×64
841×594 1,030× 728 210×148 257×182 52×37 64×45
594×420 728× 515 148×105 182×128 10 37×26 45×32
420×297 515× 364 105× 74 128× 91 11 26×18 32×22
12 18×13 22×16





●洋紙・板紙寸法表

類別 名称 サイズ(mm×mm) 名 称 の 由 来



四 六 判 788×1,091 元来美濃判(273×3293)の8面取りの寸法で2取りした時、4寸2分×6寸2分になることから
四六半才判 788×546 上記の半才寸法
B 本 判 765×1,085 昭和4年に標準寸法として制定、15年に改正、同時にB列の0番から12番まであります。
菊  判 636×939 明治時代よりこの寸法が新聞に使用され、新聞の「聞」がキクと解釈されたため
A 本 判 625×880 昭和4年に標準寸法として制定、15年に改正、同時にA列の0番から12番まであります。
A 小 判 608×856 JIS規格A1の仕上げの効率化のため
ハトロン判 900×1,200 従来包装紙に使用されたハトロン紙がこの寸法であったため
艶   判 508×762 ケースの合紙に使われたツヤ紙がこの寸法であったため



L   判 800×1,100 Largeの大文字
K   判 640×940
650×950
洋紙の菊判より取った寸法でその頭文字。なお64×94は東京K判、65×95は大阪K判ともいう
S   判 730×820 Smallの頭文字
カッター判 610×970 カッターシャツのケースに使われたため
ブラウス判 560×950 ブラウスシャツのケースに使われたため
オープン判 560×640 開襟シャツ(オープンウェアー)用のケースに使われたため
食 品 判 650×800 贈答品の食品(特に缶詰類)のケースに使われたため





●封筒寸法表

長形(号)寸法
 4190×205
40190×225
 3120×235
30192×235
14195×217
13105×235
 2119×277
 1142×332
角形(号)寸法
 0287×382
 1270×382
 2240×332
 3216×277
20
(角形国際A4)
229×324
A4228×312
 4197×267
 5190×240
 6162×229
 7142×205
 8119×197



basic infoの
トップへ

平出紙業
ホームページの
トップへ