Hiraide Paper CO., LTD. Web Site 紙の歴史 平出紙業株式会社 --- Hiraide Paper Digital Branch


紙の歴史・1 世界編

紙・発明以前

●情報を正確に伝える手段

 人間が文字を持たなかったころ、情報伝達手段は言葉(口伝)だけに頼られていました。しかし、人間の記憶とは無責任なもので、どんどん口伝されていく間に元の情報とは違った内容が伝わっている事がありました。そこで大昔の人々は、身近な縄に結び目を作ったり、着色したりして記憶の手助けにしいました。これを結縄(けつじょう)といい、この習慣は世界中で行われていたことが明らかになっています。
 記号から文字が使われるようになって、いろんな書写材料が現れます。亀の甲、獣の骨、石、粘土板、ヤシの葉、羊皮、などがありましたが、なかでも一番紙に似たものがパピルスです。パピルスは、B.C2500年頃、エジプトで用いられるようになりました。草の髄を縦に裂いて重ね、シート状にして作られ、英語のペーパー(paper)の語源にもなっているので、紙と混同されやすいのですが、「漉く」という課程を経ていないので紙とはいえません。
一時期は全盛を誇るパピルスですが、製本に適さないため羊皮紙にとって変わられます。羊皮紙は紙がヨーロッパに伝わるまで1400年以上も使われることになります。

紙の歴史・2 世界編

紙・誕生

●2000年前、中国で発明

 1957年、中国の西安市郊外の遺跡から紀元前141年以前の紙が発見されました。この紙は発見された地名をとって「はきょう紙」と名付けられました。しかし、まだ文字が書けるほどの紙ではなく、麻布と同じように銅鏡などの貴重品を包むのに使われていたと考えられています。この頃の中国では、書写材料として木簡や竹簡、絹などが使われていました。木簡や竹簡は軽便で手に入れやすいのですが、かさばって保存に適さず、また、絹は高価で大量に使うことができませんでした。
 後漢時代(25年〜220年)の皇帝、和帝は、宮中の御用品製造所の長官だった蔡倫(さいりん)に“かさばらず費用のかからない書写材料”の研究を命じました。紙に着色した蔡倫は研究を重ね、ついに105年、書写材料に適した紙を完成させます。これが情報を書きこめる機能をもつ、歴史上初めての紙「蔡侯紙(さいこうし)」です。

※紙は植物繊維を、水で薄めて漉いて作ります。この基本原理は現在も同じです。




basic infoの
トップへ

平出紙業
ホームページの
トップへ