裸婦習作/坐る裸婦像(ローズ嬢)
この絵を拡大 | 作品リスト1に戻る | 次の絵に進む

1.  『 裸婦習作(ローズ嬢) 』 ウージェーヌ・ドラクロワ (1798-1863)
1817〜24年 カンヴァス・油彩 81×65cm パリ、ルーヴル美術館蔵





「 この人の絵を味わうには、一種の心構えと 慣れることが必要だ。

そして、どうも これは そう急には 得られないらしい。

高尚な料理のようなもので

かなり努力して やっと味がわかると、それからは とても美味しくなる。」


〜 ルイ ・ペイス 〜



ドラクロワ之肖像
http://www7.wind.ne.jp/azarashi/delacroix/d-top.html