民衆を導く自由の女神
この絵を拡大する  |  作品リスト1へ戻る  |  次の絵に進む

18.  『 民衆を率いる自由の女神 (1830年7月28日) 』 ウージェーヌ・ドラクロワ (1798-1863)
1830年 カンヴァス・油彩 259×325cm パリ、ルーヴル美術館蔵




正確な意味でのロマン主義とは

"主題の選択" とか "正確な真実" とかに あるのではなく

《 感じ方 》 にある。

彼らは それを 外部に 探したが、

実は 《 内部 にのみ 》 発見し得た のである。


〜 シャルル・ボードレール 〜



1830年の七月革命は、ドラクロワが初めて目にしたパリの民衆の革命であった。
この作品には、ドラクロワが現実に体験し、感じとった革命の情景が描かれている。




ウージェーヌ・ドラクロワの作品とその肖像
http://www7.wind.ne.jp/azarashi/delacroix/d-top.html