怒れるメデイア(怒るメディア)
この絵を拡大 | 作品リスト1に戻る | 作品リスト2へ進む

31. 『激怒のメディア』 ウージェーヌ・ドラクロワ (1798-1863)
1838年 カンヴァス・油彩 260×165cm リール市立美術館蔵





・・・ 私は明日5時に出発しますけれど

お別れのご挨拶もしないまま、貴方の立派な、誇りと苦悩に満ちた

《メディア》 のことをお話しないで 立ちたくはありません。

ほんとうに貴方は並々でない 「塗りたくりやさん」 ですのね!


書簡より抜粋ジョルジュ・サンド より ドラクロワ宛書簡 1838年




古代ギリシャの詩人 エウリピデス による悲劇 『メディア』 のヒロインが
不義の夫イアソンに対する怒りと嫉妬のあまりに
二人の間の子供、メルメロスとペレースを殺害してしまう場面。

ドラクロワは、1862年にこの画を半分の大きさ(122.5×84.5cm)で再製している。
画集によっては、62年作の 《メディア》 を載せている場合があるので、
混同しないように注意したい。
画面左下の署名と年記で見分けがつく。
(38年作の署名は全て大文字、62年作の署名は頭文字以外小文字で書かれている)

ちなみに、1969年に日本の東京国立博物館で開催された
「ドラクロワ展」 で展示されたのは、1862年作の方の 《メディア》 である。

この二点の他にもいくつかのヴァリエーションが存在する。



このページのトップへ


ウージェーヌ・ドラクロワの作品とその肖像
http://www7.wind.ne.jp/azarashi/delacroix/d-top.html